拘縮のある患者さんの更衣の仕方

片麻痺のある患者さんの場合、着る時は麻痺側から、
脱ぐときは健側からと決まっています。

 

拘縮のある患者さんの場合も同じですが、
両肢に拘縮がある患者さんで、
どちら側から脱着するか迷う場合は、
より拘縮が強いほうはどちらかを確認して順番を決めます。

 

更衣は、拘縮が弱いほうが下になるように側臥位になってもらって、
拘縮が強いほうの手や腕を通し、衣服を反対側へ送り込み、
向きを変えて、拘縮が弱いほうが下になるように側臥位になってもらい、
拘縮が弱いほうの手と腕を通して、最後に両肩を通すようにします。

 

衣服の袖に手や腕を無理やり通そうとしてはいけません。

 

無理やり手や腕をひっぱったりまげたりすれば、
骨折や皮膚を傷つけてしまったりします。

 

注意しましょう。