認知症の主な原因疾患と症状

・アルツハイマーやレビュー小体型認知症
・前頭側頭葉変性型認知症などの脳の変性疾患
・脳出血や脳梗塞などによる血管性認知症

 

このような原因がありますが、それぞれにメカニズムや特徴が異なり、
コミュニケーション不良に関しても、どのような症状が現れるかに起因します。

 

認知症の症状には、「中核症状」と「周辺症状(行動心理症状/BPSD)」があります。

 

・中核症状

 

中核症状とは認知機能障害のことで、
主に脳の気質的な病変因子によってもたらされます。

 

たとえば、記憶障害、見当識障害、理解や判断力の障害、
実行力障害などがあります。

 

・周辺症状(行動心理症状/BPSD)

 

中核症状(認知機能障害)から出現する二次的な症状で、
生活環境や周囲の人のかかわり方などによって、
精神症状や行動障害、たとえば不安や焦燥、うつ状態、幻覚や妄想、
徘徊、興奮や暴力、不潔行為などの症状が現れます。

 

看護師や介護者、家族が、認知症の患者さんへの対応が難しいと感じるのは、
周辺症状が起因しているところが大きいようです。

認知症の患者さんとのコミュニケーション

認知症の患者さんとのコミュニケーションを図るためには、
まず、患者さんの視点に立って、
患者さん本人が置かれている状況を理解することが大切です。

 

認知がリセットされ、
時間や時間や行動に連続性を持たない認知症の患者さんにとって、
毎日の生活はとても不安が大きいはずです。

 

自分の家で、いつもと同じ環境にいても不安がいっぱいなのに、
日常と全く異なる医療環境の中におかれれば、
「自分はなぜここにいるのか?」、「何をされるのか?」
と、さらに大きな不安が押し寄せてくるでしょう。

 

そして、知らない人が注射器等を持って迫ってこれば、
これほど恐ろしい状況はありません。

 

医療者に対して叫んだり、治療やケアを拒絶すると言う行動は、
このような不安から起きていることであり、
当然のことなのです。

 

叫んだり暴れたりという行動に目が行ってしまい、
困った患者さんだとレッテルを貼ってしまったり、
振り回されていると思ってしまい、迷惑な患者さんだと思ってしまったりしますが、
そのような行動の根底には、中核症状があるのです。

 

つまり、中核症状への援助を行うことによって、
周辺症状は軽減します。

 

入院前の患者さんの状況についての情報を得たり、
入院後の様子などの観察をしたりして、
どのような中核症状が、
どのような生活のしづらさをもたらしているのかをアセスメントし、
それを軽減する援助を行いながら、ケアをしていくことが必要です。

身体機能の低下にも注意する

患者さんが認知症の場合、或いは認知症の疑いがある場合、
コミュニケーション不良の原因を認知症と考えてしまいがちです。

 

しかし、コミュニケーション不良の原因は、認知症だけでなく、
聴力や視力が低下していたり、入れ歯が入っていないためにウマく話せないなど、
身体機能の低下が原因になることもあります。

 

患者さんの状態をよく観察し、
高齢者特有の身体機能低下が原因になっていないかどうかについても
確認しましょう。

患者さんに安心感を持ってもらう

コミュニケーション不良の患者さんであっても、
治療に影響するなどの理由があり、
目の前の事に対応しなければならない場面はたくさんあります。

 

そのような時は、一対一で、患者さんの眼をみながら、
ゆっくりと穏やかな口調で、柔らかい表情で、優しい態度で接し、
自分が信頼できる存在である事を態度で示し、
安心感を持ってもらうのが第一です。

 

また、病室からは、余計な医療機器は取除くなど、
治療。療養環境を生活環境に近づけるようにすると良いでしょう。

患者さんが拒絶する場合

患者さんが拒絶する場合も、一度であきらめずに、
時間を置いて試してみたり、
場所や人を変えて試してみると良いでしょう。

 

場所や人、時間などが変る事で、
患者さん気持ちが変る事は多いです。

 

ですが、患者さんによっては、人や場所が代わると、
かえって困惑したり、混乱してしまう人もいます。

 

患者さんの普段の様子を十分に観察し、
判断しなければなりません。

 

また、入院直後の患者さんに対しては、
人や環境を変えずに、まず、慣れてもらうことができるような
援助をしていくことが必要です。

言葉以外のコミュニケーションも!

いくら話しかけても用件や指示が伝わらない場合、
言葉以外で伝えるような工夫をして見ましょう。

 

患者さんに記憶障害があっても、
言葉以外の方法で理解してくれることもあります。

 

・文字や絵を紙に書いてみせる。

 

・何して欲しいのかジェスチャーで示す。

 

・写真や実物を見せる。

 

・よい(笑顔)、悪い(泣き顔)などの表情を見せる。

 

・手で相手の手や膝に触れて、看護師に注意をひきつける。

 

・背中などをゆっくりさそって気持ちを落ち着かせる。

一度に多くの話をしない

一度に多くの話をすれば、患者さんは混乱します。

 

一階に伝える内容や指示は一つだけにし、
簡単に分かりやすい言葉で伝えます。

 

理解していないのに「はい。」、「分かりました。」
という患者さんもいます。

 

本当に理解しているのか、その後の様子についても、
観察し、確認しなければなりません。

食事を「食べていない。」という患者さんに対する対応

食事を済ませたのに、食べていないと言う
認知症の患者さんは少なくありませんん。

 

このような事実誤認がある場合は、直ちに過ちを指摘しないようにします。

 

事実に直面することにより、不安がさらに大きくなるので、
患者さんの言葉を一旦受け入れ、その場を納め、
安心できるような、感情への働きかけをするようにしましょう。

 

<他職種と連携して対応する>

 

点滴チューブを抜いてしまうなど、
患者さんの安全を脅かしたり、治療効果を減退させるような行動が
予測できる場合は、あらかじめ、治療方法に幅を持たせるようにします。

 

医師と相談し、安静度や与薬方法などについて、
基準やマニュアルどおりに必ずしも行うのではなく、
最大限の許容範囲を定め、治療方針として共有するようにしましょう。

 

看護師は、治療の遂行や患者さんの安全を考え、
「こうしなければならない。」という意識が強い傾向もあります。

 

ですが、このような考えは、患者さんを苦しめてしまいますし、
看護師自身も辛い思いになってしまいます。

 

最大限の許容範囲を定め、選択肢に幅をつくることで、
看護師自身にも精神的余裕が生まれるでしょう。

 

また、医療環境下では、色々な職種の医療職が患者さんに関わります。

 

認知症の患者さんにとって、その医療職は見知らぬ人であり、
不安を増強させる要素のひとつになります。

 

看護師は、患者さんの気持ちを理解し、
変りに他の職種との調整や仲介役を担う様にします。

 

そして、患者さんの不安を受け止め、
患者さんの安心につなげるようにしましょう。