ルートキープが難しい患者さんへの対応

点滴の際、「血管が出ない患者さん。」や、
「見えない患者さん。」、「血管が硬い、或いは硬くなってきた患者さん。」など、
ルートキープに困っているという看護師は、多いのではないでしょうか。

 

しかし、ルートキープが難しい患者さんに対応するときこそ、
基本と事前の準備が大切です。

 

解剖学的知識や製品の知識、環境の整備が大切です。

ルートキープとは

ルートキープとは、静脈路確保のことです。

 

静脈内に針やカテーテルを留置し、輸液路を確保します。

 

薬剤投与を行うためのルートキープ(静脈路確保)は、
患者さんの治療に関わる重要な手段です。

 

特に、急変時などクリティカルな場面では、
迅速に薬剤を投与する必要があるので、
ルートキープの重要性は高くなります。

 

ですが、ルートキープは簡単な手技ではなく、
穿刺では患者さんに痛みを与えますし、
血腫や皮下出血、神経損傷等のリスクがあります。

 

このようなことから、新人の看護師さんには、
難易度の高い手技といえるでしょう。

 

スムーズにできなかったとしても苦手意識を持たず、
経験を積み、技術を身につけることが大切です。

 

どのような手技でもそうですが、
看護師の苦手意識は患者さんにも伝わりますし、
不安や不信感を与える事になってしまうかもしれません。

 

苦手として避けるのではなく、
経験を積むこと、技術を身につけるようにしましょう。

 

ただし、ルートキープの経験を重ねる前に、
まず、穿刺の第一選択となる前腕にどのような血管や神経があり、
どこを走行しているのかという解剖学的な知識を
しっかり頭に入れておかなければなりません。

 

穿刺だけに目を向けるのではなく、
その後の針やカテーテル留置の手技も重要です。

 

針には単回の点滴に適した翼状針と
長時間留置するためのプラスチック留置針(サーフローなど)があります。

 

最近は、安全機構がついている留置針もありますが、
製品によって使用方法が異なるため、
自分が勤めている施設や病棟等で使用している留置針の取り扱い方法を
確認しておくことが必要です。

 

また、穿刺がしやすいように、自分の立ち位置、
患者さんの体位にも配慮し、
安全な穿刺を行うことができるよう、
針を置く位置や廃棄ボックス等の物品の配置など、
実施をする前に環境を整えておきましょう。