褥瘡ケアと排便コントロール

下痢などで、排便のコントロールが難しい患者さんに対しては、
皮膚の処置と同時に、早く下痢から抜け出すことが必要です。

 

しかし、感染性胃腸炎などで下痢を起こしている場合は、
その下痢は止めてはいけないこともあります。

 

下痢の原因を見極めたうえで、主治医と相談し、
内服薬を用いて腸内環境を整え、下痢からの脱出を図ります。